AT-LP5

オーディオテクニカが欧州で発売しているアナログプレーヤーがあります。

AT-LP5
AT-LP5

2015年の10月から発売されているとのことですが、残念ながら日本では発売されておりません。

自分が所有しているAT-LP120-USBはDJプレイ向けですが、本当はこのようなピュアアナログのプレーヤーが欲しかったのです。値段も449ユーロとのこと。2016年9月のレートで1ユーロ112円だとすると、単純計算で5万円前後です。テクニクスのSL-1200Gはさすがに買えませんが、AT-LP5なら十分手の届く値段です。

追記:2016/10/13
11月18日に日本でも発売になるようです。価格はオープンプライス。店頭予想価格は5万円前後とのこと。

ダイレクトドライブ方式のターンテーブル。専用設計のVMカートリッジ「AT95EX」と、アルミニウム製ヘッドシェル「AT-HS10」を搭載。カートリッジ交換も可能。アームは独自デザインのJ字型トーンアーム。

 プラッターはアルミニウム合金仕上げで、制振設計を施した5mm厚のラバーマットを配置。メンテナンス性や拡張性を考慮し、着脱式RCAコネクタとアースコネクタを採用している。33 1/3、45回転を切替可能。 フォノイコライザも備えている。

 USB出力を備えており、再生するレコードの音をPCにUSBで入力し、44.1kHz/16bitのWMA形式でデジタル化可能。ユーザーは、曲の自動分割や曲情報の自動認識に対応するソフト「MusiCut Plus」がダウンロードできる。このソフトはWindows Vista/7/8/8.1/10に対応する。

  不要振動を抑制し、水平調整も可能な大型インシュレータも採用する。外形寸法は450×352×157mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は8.5kg。消費電力は6W。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください