DBR-Z250のHDDを交換

DBR-Z250
DBR-Z250

DBR-Z250のHDDを交換しました。

記録を見たら2012年の11月に購入していたので、ちょうど3年になります。最近になって、予約していた番組が録画されていないという症状が出始めてきました。以前、同様の症状が発生したRD-BZ800(2010年12月に購入・現在も現役で活躍中)のHDDを交換して復活しましたので、今回もやってみました。

RD-BZ800 復活

RD-BZ800の時はWDのGreenを入れましたが、今回は同じWDですがRedを選択。外付けの2TBが8,000程度で購入できるのに、1TBの内蔵で同じような値段なのが残念なところです。PanasonicはHDDの容量を変更することもできるようですが、東芝は残念ながらできないようです(FUNAIのOEMはできるものもあるようです)。その代わり、ポン付けで交換してフォーマットすれば使えるようになるのは簡単で良いところです。

基本的にレコーダー用HDDにはAVコマンド対応(ATA-7)のものが必要だということです。WDのGreenが対応しているのかどうかはよくわかりませんが、Redは対応しているらしいです(東芝はあまり関係ないのかな?)。RD-BZ800の交換したGreen、現在まで不具合は起こっていません。DBR-Z250にはWDのWD10EUCX、WD AV-GPというHDDが入っていましたので、AVコマンド対応(ATA-7)は必要なのかもしれません。

交換してまだ2、3日しか経っていないのでまだ様子見の状態ですが、今の所予約していた番組の録画漏れは起こっていません。RD系のレコーダーには、まだまだ頑張ってもらいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください