DAITO-VOICE DS-16F II

以前ラバーエッジに交換して復活させたDS-11XLでしたが、しばらく使っているとビビり音がしてしまい結局お蔵入りとなっていました。

DS-16FII
DS-16FII

しかし諦めがつかず、いろいろ検索してみたところ、DAITO-VOICEのDS-16シリーズが使えるのではないかとの情報を得ました。

このシリーズはダイヤトーンのP-610に匹敵するほどの性能を持っているとの評判だそうで、音は期待できるようです。

コイズミ無線さんでの売価は、
・DS-16Ⅱ 1,502円
・DS-16FⅡ 2,777円
・DS-16DFⅡ 3,703円
です。

2台購入して失敗だったとすると痛いので、当初はDS-16Ⅱでとりあえず試してみるかと思っていたのですが、セールが開始されてDS-16FⅡが2,248円となったので、思い切ってこちらを購入することにしました。送料が760円ですので、合計5,158円となりました。(ラバーエッジより安かった。)

到着後、早速元のダイヤトーン製のスピーカーを取り外し、DS-16FⅡをセットしてみると、ちょうど良い具合に収まりました。ネジ位置もバッチリで、さらにファストン端子なので、半田付けをすることもなくポン付けで交換完了です。

DS-16FII-3
DS-16FII-3
DS-16FII-2
DS-16FII-2

スピーカーエッジの枠がDS-16FⅡの黒いクッション材を剥がさないと取り付けられなかったので、むき出しでちょっと不格好ですが、サランネットで隠してしまいますので良しとしましょう。

今はまだエージング中ですが、評判通り良い音で鳴ってくれています。出力音圧レベルも92dbというのポイント高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください