VSX-S520

パイオニアのVSX-S510の後継、VSX-S520が発表されました。10月発売予定とのこと。

VSX-S520
VSX-S520

サイズは435W×70H×325Dmmと、従来モデル「VSX-S510」に比べて筐体を15mmスリム化。一方でクラスDアンプを搭載し、スリム筐体ながら80W×6chの出力を備える。HDCP2.2に対応し、4K/HDRのHDMI入出力も可能。オブジェクトオーディオであるドルビーアトモス、DTS:Xにもアップデートによって対応する予定だ。HDMI端子は、4入力/1出力(ARC対応)を搭載する。

その他にも、無線LAN対応、ワイドFM対応、インターネットラジオ「radiko.jp」対応、PHONO(MM)対応など新しく追加された機能があります。

主な仕様
VSX-S520 VSX-S510
パワーアンプ チャンネル数 6 6
パワーアンプ方式 Class D Class D
入出力端子表
VSX-S520 VSX-S510
入出力端子 入力 出力 入力 出力
アナログ音声 3(PHONO含む) 1
 プリアウト  –  SW 0.1ch  –  2.2ch(SB、SW)
 デジタル  光1/同軸1  –  光1、同軸1  –
 HDMI端子  4(HDCP2.2対応)  1(HDCP2.2対応)  6(MHL兼用フロント1含む)  1
 LAN端子(10BASE-T/100BASE-TX)   1  ○  –
 アンテナ端子  FM  –  FM  –
 USB端子  1(フロント)  –  1(フロント)※Digital  –
 ヘッドホン端子  –  1  –  –

VSX-S510のコマンドプロンプトのような設定画面から、GUIも新しくなって使いやすくなっているようだし、HDMI端子は6から4に減らされましたがアナログ端子が増えたこと、無線LANに対応したことは正直羨ましいです。

VSX-S510のアナログ端子にはオーディオテクニカのAT-LP120-USBをフォノイコライザーを通して接続しているのですが、CDプレーヤーを接続したいなと思った時もあったので、専用PHONO端子が付き、さらにアナログが2系統接続できるようになったのは良いですね。

YAMAHAのRX-V481、RX-V581あたりも気になりますが、このスリムボディは魅力的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください