固めるテンプル 裏ワザ

固めるテンプルで使用済みの油を固め終わった後、いざ捨てるとなると結構天ぷら鍋などから取り出すのが大変だったりします。

いくつか裏技的な方法がありますが、我が家で行っている方法を公開します。

固めるテンプルを入れてかき混ぜた後に、天ぷらやフライを揚げたときに油切りなどで使用したクッキングペーパーなどをその鍋に浸して固めるという方法です。

油の温度が高いと自然発火して火災を起こしますので、試す際はその場から離れないように注意して実行してください。万が一、火災等が発生いたしましても、当方は責任を負えません。

使用済み油の処理方法:快適な暮らしのために|ジョンソン株式会社

tempuru1
固めるテンプルを入れてかき混ぜた後に、使用済みのクッキングペーパーなどを入れます

この時、天ぷらカスやフライのカスを一緒に入れてしまえば、ゴミも少なくなります。

tempuru2
固まったらクッキングペーパーの端を摘んで引き上げます
tempuru3
ほぼ綺麗に取れました
tempuru4
ゴミ箱に捨てましょう

あまり温度が高いと自然発火するとジョンソンのWebにも記載がありますので、注意してください。80度以上の温度で固めるテンプルは解けるとのことですので、ある程度油の温度が冷えてから実行しましょう。

油は、200℃で油面から白い煙が立ち始め、300℃で火種があれば引火します。360℃以上になると、火種がなくても自然発火します。油を加熱するときは、絶対にその場を離れないでください。

以上、我が家の裏技でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください