ディスクの不正な取り出し

macOS Sierra 10.12.4で本格運用を始めたMac mini(Late 2012)ですが、スリープ復帰時に必ず「ディスクの不正な取り出し」のメッセージが表示され、外付けディスクが一旦マウント解除されてしまう不具合が発生しておりました。

ディスクの不正な取り出し
ディスクの不正な取り出し

基本的に電源のオン・オフは行わず、一定時間未使用状態になったらスリープさせる運用を行なっており、常にiTunesが起動している状態なので、マウント解除されるとiTunesのメディアライブラリが見つからないとのメッセージが表示されるため、iTunesを一旦終了させ、再び起動させる作業が必要でした。

googleで検索するとスリープ前に外付けディスクをアンマウントするスクリプトなど、いくつかの対策方法がありましたが、自分の場合にはいづれもうまくいきませんでした。

そんな中、「アイオーデータの外付けディスクの場合に発生する」との情報がありました。実際自分の外付けディスクもアイオーデータ製のものを複数使っており、他のメーカー製は使用していませんでした。

財政的な問題もあり中々試すことができなかったのですが、ようやく「ひかりTVショッピング」にて、バッファローのHD-LC2.0U3-BKを購入することが出来、早速接続して確認してみました。

すると、バッファローの外付けディスクは情報通りスリープからの復帰時に「ディスクの不正な取り出し」のメッセージは表示されず、マウントされたままの状態を保っておりました。

これでようやくEl Capitanで行なっていた運用と同じように行えることが叶いました。

macOS Sierraの問題なのか、アイオーデータの問題なのかは分かりませんが、同じことで困っている方の参考になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください